TOP > 事業案内 > 建築物貯水槽清掃サービス

建築物貯水槽清掃サービス

右のサンプル写真にマウスをあわせると左側に拡大写真が表示されます。

清掃前

清掃後

清掃前

清掃後

清掃前

清掃後

清掃前

清掃後

建築物貯水槽清掃サービス

快適なくらしにかかせない安全な飲料水や生活用水のために、受水槽をはじめとして構想建物の高置水槽等の洗浄や清掃業務をしております。これらの設備の一貫した維持管理はもちろんのこと環境保全に考慮した提案も行っております。安定した水質の実現を目指し飲料水や生活用水、放流水当の水質検査も実施し「おいしいきれいな水のバックアップもしています。

貯水槽清掃作業要領

[ 1 ] 作業前準備(事前の準備)

  • 現場調査及び打合せを行います。
  • 作業工程表を作成します。
  • 作業には貯水槽清掃作業監督者及び従事者教育を受けた者を配置いたします。
  • 清掃作業時の服装には専用のものを使用し、常時清潔を保ちます。
  • 清掃作業に使用する資機材は専用のものを使用し、随時消毒を実施し清潔を保ちます。

[ 2 ] 清掃作業

  • 着手の前準備
    • 作業用具等の点検と整備
    • 床面マンホールなどの開口部の第3者落下防止の処置。
    • 地下ピット式の場合は、全てのマンホールを開けて排気ファン・ダクトを設置し、換気の処置をおこないます。
    • 酸素濃度の測定を行い、有酸素を確認してから作業に着手します。
    • 防爆型灯光器を設置し作業が安全にできる照度を維持します。
  • 付帯設備の作業確認
    • 槽内への給水装置の作動点検を行い正常を確認後、給水を停止します。
    • 揚水ポンプ及び加圧給水ポンプの運転状況を確認し停止します。
  • 付帯設備の作業確認
    • 槽内への給水装置の作動点検を行い正常を確認後、給水を停止します。
    • 揚水ポンプ及び加圧給水ポンプの運転状況を確認し停止します。
  • 清掃作業(槽内清掃・点検 )
    • 水抜き弁を開き、排水を開始します。地下ピット式の場合排水ポンプを設置し所定の箇所に排水(排水槽等)します。
    • 槽内6面(床・壁・天井)を高圧洗浄車で清掃し、亀裂・劣化等の点検を行います。
    • 接続管・弁・機器類を清掃します。
    • 給水装置のバルブを開け、錆水の排出をします。
    • 満減水装置(電極棒等)を点検・清掃し、作動点検を行います。
    • 水洗いを行います。線浄水は完全に排水・除去します。
    • 有効塩素50〜100mg/Lの濃度の次亜塩素ナトリウム溶液にて槽内を消毒します。
      消毒後30分間放置し2度行います。
      ※高置素水槽の清掃に関しては、パネルタンク式受水槽清掃要項に準じます。
    • タンク天井上部の清掃を行います。
    • 受水槽内及び地下式ピット式の場合はマンホール周辺の清掃を行います。
    • 給水装置にて給水を開始します
  • 作業後点検
    • 給水装置が停止水位にて正常止水するかの確認をします。
    • 槽外の漏水等の点検をします。
    • 揚水ポンプ及び加圧給水ポンプを自動運転にし政情運転を確認します。
    • 水栓にてにごり水赤水等の点検・放水を行います。
    • 受水槽・高置水槽及び末端水栓にて簡易水質検査(残留塩素・色度・濁度・味・臭気)を行います。

[ 3 ] 作業報告

  • 作業報告書を作成し、写真を添付し報告をします。
  • 不良箇所があった場合、写真を撮影し報告後、見積書をお出しします。
  • 点検状況に応じて、貯水槽の維持管理の為の修繕案計画をします。
    ※別途水質検査も賜ります。

新生環境の業務のご紹介

産業廃棄物収集運搬業

産業廃棄物収集運搬業

  • 産業廃棄物の処分の委託を受けて収集運搬を行っています。
排水槽ピット清掃業

排水槽ピット清掃業

  • 工場内の排水路、側溝、排水ピット、汚水管の清掃を行います。
GTメンテナンス業

GTメンテナンス業

  • グリストラップ内の汚水を回収・除去し、定期的に排水の浄化をします。
建築物貯水槽清掃業

建築物貯水槽清掃業

  • 安全な生活用水のために、受水槽等の洗浄や清掃業務です。